よくある質問|総合保険プランニング

  • HOME
  • よくある質問

保険相談にはお金がかかりますか?

いいえ。当社では、無料で行っております。お買い物などのついでに、ご来店いただいても結構ですし、お客さまのご自宅や職場にお伺いすることもできます。ただし、営業マンが全員外出している場合もございますので、事前にお電話いただけると確実です。

ページの先頭へ

ネットなどの通信販売で加入する場合と
御社のような代理店で加入する場合の違いは?

現在の保険商品は、多種多様化しております。通信販売では手軽に加入できますが、正確な補償内容を把握できなかったり、加入が必要かどうかを悩むケースもあるでしょう。当社では、お客さまにとって本当に必要な保険なのか、また、万一の際にも、お客さまが加入していて良かったと思われる商品なのかをお客さまの目線にたって考えてご提案いたします。お客さまにとっては、補償内容や保険料など、全て納得していただいた上で、ご契約いただけるので、安心いただけると思います。

ページの先頭へ

そもそも、保険が必要なのか分からない。
もし、必要だとしてもどんな保険に入ればいいのかが分からない。

どんな保険が必要であるかは、人それぞれ違います。病気に備える医療保険、災害に備える火災保険や地震保険、車に乗るなら自動車保険、海外に行くなら海外旅行保険も加入した方がよいでしょう。保険は「もしものため」に備えるものです。といっても、ご予算をかけ過ぎるのが大変なことも承知しております。ご相談は無料ですので、まずはご来店ください。

ページの先頭へ

今まで加入していた保険会社から切り替える場合、
ノンフリート等級・事故有係数適用期間は引き継がれるの?

はい。一部の共済を除き、ほとんどの保険会社で引き継ぐことができます。詳しくはご相談ください。

ページの先頭へ

友人の車を借りて事故を起こした。
自分の車にかけている保険を使えますか?

記名被保険者が個人でご契約のお車が自家用8車種(※)の場合には、他社運転特約がセットされますので、他人の自動車(自家用8車種(※)に限ります。)をご契約のお車とみなし、自分の保険を優先して使うことができます。セットされているかわからない場合は、当社(総合保険プランニング)がご確認いたします。自分の車はないけれど、他人の車を運転される機会が多い方には、ドライバー保険がおすすめです。

※自家用8車種
次の8車種をいいます。①自家用普通乗用車②自家用小型乗用車③自家用軽四輪乗用車④自家用小型貨物車⑤自家用軽四輪貨物車⑥自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)⑦自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)⑧特種用途自動車(キャンピング車)

ページの先頭へ

隣の家の火事で、我が家が燃えた。
この場合は、隣の家の責任じゃないの?

いいえ。失火の責任に関する法律(失火責任法)により、失火者に故意または重大なる過失がある場合を除き、賠償しなくてもよいことになっています。自分たちの過失ならまだしも、もらい火事で全焼なんてことになったら泣くに泣けません。火災保険はそんなもらい火事のケースでも頼りになります。

ページの先頭へ

地震保険は必要ですか?

地震はいつ起こるか分かりません。また、地震による火災の場合、一部の費用保険金を除き、火災保険では支払対象外となりますので、加入の検討をおすすめします。

ページの先頭へ

地震保険だけ契約することはできますか?

残念ながら地震保険のみではご契約はできません。必ず火災保険とセットでのご契約となります。

ページの先頭へ

傷害保険とはどういうものですか?

「急激かつ偶然な外来の事故」によりケガをして、入院・手術や通院をしたり、後遺障害が発生したり、死亡した場合に補償が受けられる保険です。国内外での日常生活で起きた事故をサポートします。保険によっては、職業や職種によって、保険料が異なる場合があります。

ページの先頭へ

医療保険を選ぶ際のポイントを教えてください。

まずは「定期型」か「終身型」かを選びます。あとは、入院何日目から支払われるかや1入院あたりの支払限度日数や通算限度日数もしっかりチェックしたいところです。三大疾病、ガン、女性特定疾病といった特約をセットするかどうかも検討するとよいでしょう。

ページの先頭へ

医療保険の「定期型」と「終身型」って、どう違うの?

保険期間(ご契約期間)が一定期間あるいは一定年令まで定められているタイプが定期型、一生涯続くのが終身型です。定期型の場合、一定期間のみで比べれば終身タイプより割安なケースが多い反面、将来、更新時にはその時の年令や保険料率によって計算されるため、トータルでお支払いいただく保険料を比べると、終身型より高くなってしまう場合も多いです。

ページの先頭へ

生命保険を選ぶポイントってなんですか?

掛け捨てタイプから貯蓄性の高いタイプまで、さまざまあります。一番大切なことは、自分や家族は、どのような保障が「いつまで」「いくらぐらい」必要かを考えることです。とはいっても、なかなかイメージができないもの。まずはご相談ください。

ページの先頭へ

持病があるのですが、生命保険に加入できますか?

加入できない場合もございますが、条件付きあるいは、無条件で加入できるタイプもございます。

ページの先頭へ

専業主婦の場合、生命保険は不要ですか?

奥様が子育てや家事を行っていた場合、もし万一のことがあった場合には、父親だけで子育てや家事を行うことになります。小さなお子様をお持ちでしたら保育園やベビーシッターといった費用が必要になるかもしれません。また、残業をせずに帰宅することで、収入が下がる可能性もあります。奥様は、お金では測れない役割をされているはずです。給料をもらっていないから不要と考えるのは、早計でしょう。

ページの先頭へ

  • お電話でのご相談・お問合わせ

    047-374-3460

  • メールでのご相談・お問合わせ

    お問合わせフォーム